【衝撃】生放送番組『A女E女』であった美女に催眠をかけてイカせる番組www

A女E女
★ A女E女 特集 ★
『A女E女』(エーおんなイーおんな)は、1997年10月18日から1998年3月28日までフジテレビ系列局で放送されたバラエティ番組(全21回)史上最低を呼ばれ、同時間にライバルのテレビ東京で放送されていた「ギルガメッシュないと」に対抗して『日本一のお下劣バラエティー』を開始!!!松岡圭祐(タレント兼催眠術師)にかけられたAV女優や売れないタレント・モデルたち(第1回放送では釈由美子や桜庭あつこも出演…)「ドンドコドンドコ」、「ポクポク」といった太鼓や木魚などの音を聞かせて悶える様子を放送していた。煽り役は若手芸人「無名ズ」が務めていた。初期は悶えながらのレース形式であり、1位の女性は賞品という設定になっていた。回によっては女性の陰毛が見えたり、女性が雰囲気に流されてオナニーをし始めたりと、公共の電波に流すには過激すぎる内容が含まれており、俗悪番組とのレッテルを貼られる結果を招いた。1997年度の民放深夜番組で最高視聴率を記録したが、「あまりにも低俗すぎる」との批判を浴び短命に終わった。開始当初は生放送もしくは放送時刻数時間前から収録の「疑似生放送」形式だったが、上記理由で生放送が不可能となり、2クール目の「番組存続国民投票(テレゴング編)」の次の回から収録・ロケーション番組へ移行した。1998年3月28日放送の最終回では、「まったく無名ズ」の4組(ビビる、アクシャン、ジェット★キッズ、360°モンキーズ)によるコント対決が行われ、優勝したコンビはプロデューサーが今後面倒を見るという予定だったが、優勝した360°モンキーズに剣道の選手が現れて「面!」「胴!」と駄洒落を決めただけだった(その後、360°モンキーズが実際に面倒を見てもらえたかは不明だが、少なくともこの頃から『ボキャブラ天国』のヒットパレードなどに出演するように…)※主な出演者※松岡圭祐・ビビる・やるせなす・ジェット★キッズ・360°モンキーズ・アクシャン・小野今日子・星真奈美・生城山ゆかり・ikuko・吉村彩・浅野恵里世・鈴木和香奈・西田ももこ・佐々木ユメカ・木田有香・白井ゆかり・近藤礼見・にっき・桃井マキ・椎名みお・青山いずみ※ゲスト※ダチョウ倶楽部・ミッキー安川・ウガンダ・トラ・電撃ネットワーク・ダチョウ倶楽部・ミッキー安川・堀井憲一郎・松村邦洋・中山秀征・内山信二。※司会※「とんねるず」司会でお馴染みの【アナウンサー・牧原俊幸(通称:マッキー)】で進行。
★ お宝映像 エロ画像 ★
Arijyu picture1.
昔の番組
Arijyu picture2.
昔の番組01
Arijyu picture3.
昔の番組03
Arijyu picture4.
昔の番組02
Arijyu picture5.
昔の番組04
YouTube 1.
YouTube 2.
YouTube 3.
Arijyu P.R
ライブチャット