【宗教】女児性器の一部分を切り取る「女子割礼」や男性器の包皮を切除する儀式に驚愕…

2cyanmatome
★ 文化割礼 特集 ★
■割礼とは衛生上行われる男性器の包皮を切除する儀式、または宗教上でわりとよく知られているもの。アフリカでは男児だけでなく、女児性器の一部分を切り取る「女子割礼」なるものがあるのだそうです。
★ 海外 衝撃ニュース ★
女性器切除・女子割礼は【FGM(Female Genital Mutilation)】と呼ばれアフリカ系移住者やアフリカの間で行われています。.
海外ニュース01
女子割礼は切除部分により大きく3つに分類されます。
1.スンナ割礼
クリトリスの包皮や先、または全切除を行うもの。 海外ニュース02
2.エクシジョン
下陰部の一部切除とクリトリス切除、または全切除を行うもの。地域によって「出産を楽にするため」としてさらに膣が切られるそうです。本来は膣を切ることで出産を困難にすることが多いそうです。 海外ニュース07
3.ファラオニック割礼
全切除または外性器の一部を切除。そして陰部を縫い合わせ閉じ縫合します。(月経や尿のための穴は開放)傷が治るまで両足を縛り固定して数週間は安静。 海外ニュース04
FGMの執刀には伝統的産婆や老婆などが施術します。消毒や麻酔はなく医療知識にも乏しいため、激しい痛みを伴い合併症などで死亡することもあるそうです。 海外ニュース06
女子割礼には「処女性・純潔」「結婚の条件」「成人女性としての儀式」そして「女は足の間に悪いものをつけている」「女性の性感を失わせ性欲をコントロールさせる」=「切除」といった迷信のようなものまで。これらには「女性を物として見る」「女性蔑視」のような男社会的なものが見え隠れしているそうです。
海外ニュース03
現在FGMはフリカ系の移民たちの間やアフリカの間でも行われています。欧米などでは「虐待」として批判されフランスでは傷害罪で有罪になった例もあります。またFGMに反対する団体もあり活動を行っていますが「アフリカの文化・伝統を守るべき」といった意見もあり廃絶・法規制などにはいたっていません。
海外ニュース05
FGM根絶の運動を行っている活動家ワリス・ディリーの調査によれば年間200万人、1日あたり5500人もの女性に女子割礼が行われているとされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly